ページトップへ

スタッフブログ

みなさん、こんにちは。設計の山田です。この時期は花粉が飛び始めて、花粉症の方には、つらい時期が始まりますね。私は、特に大丈夫そうですが、突然襲って来るみたいですので、気をつけたいところです。

さて、かがわ家博のモデルハウスは、基礎工事が進んでいます。

まずは、床下に防湿シートを貼ります。これは、床下から湿気が上がって来ない様にするためです。

続いて、鉄筋を配筋します。決められた間隔と、鉄筋の太さの物を配筋していきます。

その後、コンクリートを打ち込んで、ベースと言われる床下部分の基礎が出来上がります。

続いて、鉄筋が立ち上がっている所に、仮枠を立てていきます。

この仮枠は、基礎の厚さを決定しますので、これも決められた厚さに枠を立てていきます。

黄色の枠は、大河内工務店では、標準で、コーナーハンチと呼ばれる基礎の角部分の補強になるところです。

仮枠が立ち上がれば、コンクリートを打ち込んで、天端をコテで押さえ、平らに均していきます。

見えている大きなボルトはホールダウン金物と呼ばれる金物を取り付けるためのボルトで、基礎と建物の柱とを固定するために取り付けられます。

コーナーハンチ部分はコンクリートが分厚いのがよくわかりますよね。

コンクリートを打設後、一定期間養生します。特に寒い冬季は養生中にコンクリートが凍らない様に、保温して養生します。

養生後、コテで均した基礎の天端にレベラーと呼ばれるセメントを流し込んで、天端をより水平にします。

何事にも、基礎が肝心と言われますが、このレベラーで建物がいかに水平に出来るかが、決まってくると言っても過言ではありませんので、とても重要な工事になります。

このあと、養生期間を得て、仮枠を外して基礎工事が完成します。

現在養生中の為、完成後の基礎写真は、次の機会にご紹介します。

基礎が完成すると、いよいよ上棟です。

上棟の様子も次回ご紹介します!楽しみです!

設計  山田勉

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全14ページ中)