ページトップへ

スタッフブログ

寒い日が続きますが、皆様お元気でしょうか?

このところ、雪がちらほら舞い、寒さが身に沁みます。

 

今日は、父の年賀状を紹介します。

私の父は母と結婚してから、毎年版画で年賀状を作成しています(結婚してからという話は最近知りました!)。

そして、いつ頃からか年賀状の題材は『宮島の厳島神社』になり、父の年賀状のファンも増えました★

版画はまず、ハガキサイズの版木にデザインし、それを彫っていきます。

そして、色を変えて刷る部分は、版木は変えます。

写真で紹介している年賀状は、今年の年賀状ですが、これも何枚かの版木を彫り、それに色をのせ、バレンで刷るという工程を繰り返しています。

パソコンや携帯を駆使して作成した、私の年賀状とは雲泥の差です!

『手を抜いたら手がかかる』『手を一日抜いたら、取り戻すのに3日かかる。』

と、よく言っていました。

 

父を見習って…『手を抜いたら手がかかる』を心に刻んで、今年も頑張ります!

 

国土

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全19ページ中)