ページトップへ

完工事例

  • すべての物件
  • すべて

二世帯住宅の無垢の家

二世帯住宅の無垢の家
  • 建築中レポート

1.2013年07月30日
ようこそ大工館へ☆
ようこそ大工館へ☆
「2世帯住宅の無垢の家」の団結式が大工館で行われました。
まずお家のコンセプト等を設計担当から3Dソフトを使って説明し、職人さん一人一人が一言挨拶をしていきます。
お施主様から一言いただきました。
とても励みになるようなお言葉でした。
ありがとうございます。
これからいい家を作っていきます!
よろしくお願い致します。
2.2013年08月10日
上棟おめでとうございます。
上棟おめでとうございます。
2世帯住宅の無垢の家」では、先日の大安に上棟式が行われました!
2世帯住宅ということもあり、とても大きなお家です。
迫力があります。
これからどんなお家が出来上がっていくのか、とても楽しみですね。
3.2013年09月05日
瓦工事中。
瓦工事中。
現在瓦工事中ですが、しばらく雨が続いたので、本日から本格的に工事再開となります!
床は捨て張りまでされています。
鋼製束もしっかりと支えてくれていました。2世帯ということもあり、とても広いつくりになっています。
サッシも一部を除き、取り付けられていました。
4.2013年09月21日
吹き抜け
吹き抜け
リビング・ダイニングの一部が吹き抜けとなっています。
天井が高いと、とても開放的に感じますね。
引き続き、工事進めてまいります。
5.2013年10月16日
電気工事。
電気工事。
西側・東側共に玄関扉が取り付けられており、瓦工事も完了していました。

内部は、アイシネンが吹き付けられています。
壁・天井は下地まで終わり、電気屋さんが配線していました。
完成まで、工事を安全に進めていきます。
6.2013年11月20日
棚の打ち合わせに行ってきました
棚の打ち合わせに行ってきました
先日11月1日に棚の打ち合わせに行ってきました!
ほぼ、決まっていたのですが確認や変更を含めて、打ち合わせを行いました。

これから、大工さんが棚のための壁下地をつくっていきます。
7.2013年12月27日
職人さん大集合①
職人さん大集合①
足場が外れ、落ち着いた外観が目を引きます。

本日は職人さん大集合の日でした。
まずは玄関でタイル屋さんを発見。

御影石の縁石(玄関ポーチのふちにぐるっと敷かれた長い石)を据え付けているところでした。
きっちり水平がとれているか確かめています。
かっこいい玄関に仕上げてくださいね。

8.2013年12月27日
職人さん大集合②
職人さん大集合②
中では左官屋さんが珪藻土を塗っているところです。
吹き抜けがあるので、内部足場にのぼり、器用にこてを使っています。
こてさばき、お見事です。

9.2013年12月27日
  職人さん大集合③
職人さん大集合③
こちらでは、設備屋さんがトイレを設置していました。
2世帯ということもあり、いつもの2倍の量ですがよろしくお願いします!

写真には写っていませんが、テラスの設置も行っていました。
洗濯物干しや自転車置き場として活躍します。

他にも照明器具やスイッチが取り付けられ、養生がのけられると、完成も間近です。
10.2014年01月27日
お引渡しをさせていただきました。
お引渡しをさせていただきました。
いよいよお家のお引き渡しの日がやってきました。
「2世帯住宅の無垢の家」の家づくりに携わった職人さんたち皆さんが集まっています。
親子二世帯で仲良くテープカットしました。
玄関のカギも工事用のカギから新しいものに変わり、無事お引渡しすることができました。
「大河内工務店に初めて行ったとき、お茶を出して頂き、そのお茶がおいしかったのが…(笑)」
このご主人様の一言がとても印象深く残っています。
その“お茶一杯”がお客様と大河内工務店をつなぐ第一歩だったのかと思うと、そんなことを覚えていてくれたことにとても感激しました。
11.2014年01月27日
お客様をお出迎えする、ゆったりとした玄関ホール。
お客様をお出迎えする、ゆったりとした玄関ホール。
お客様をお出迎えする、ゆったりとした玄関ホールです。

【陰翳礼讃】。
お施主様の好きな本で、谷崎潤一郎の随筆のものです。
『まだ電灯がなかった時代の今日と違った日本の美の感覚、生活と自然とが一体化し、真に風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的な感性について論じたもの』と説明されていますが、この言葉のような素敵な和室が完成しました。
12.2014年01月27日
吹き抜け。
吹き抜け。
リビングは吹抜けになっています。
どの部屋からも木の香りがして、気品漂う中にもゆったりとした雰囲気を持ったお家です。
見学会をさせていただき、「うらやましい」との言葉をたくさんいただきました。
私自身も改めて、和風はいいな~と思いました。
素敵なお家を愛して、育てていってくださいね。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。