ページトップへ

代表あいさつ

代表 大河内孝の想い

代表 大河内孝の想い

1957年生まれ。三豊市財田町出身。財田中小学校、和光中学校、観音寺第一高等学校、広島工業大学建築学部を卒業後、地元と東京の設計事務所を経て昭和60年に大手ハウスメーカーへ入社。平成元年、株式会社大河内工務店へ入社し平成9年2代目社長となりました。

父が棟梁をしていたため子供時代は溢れるほど家にあった建築雑誌がマンガ代わりでした。建築の世界に進むのは必然だったかも知れません。

初めてみた棟上で羽織袴に身を包んだ父、棟梁の勇姿は今も覚えています。かっこええなあと思いましたが時代は高度成長期。
都市部を中心に多くの名だたる建築物が建っていました。
中でも香川県庁を手がけた丹下健三氏に憧れ、建築家として有名になりたいという気持ちが芽生えました。

そして本に掲載されるような公共の建物を手がけるために東京の建築事務所に入社。実際は公共建築はコスト面ばかりで「人の温かさ」を想像できませんでした。自分の求めるものとは違うと思い東京のハウスメーカーへ転職しました。

都市型住宅に携わり「お客様の声を直接聞きたい」と建築学を学んだ者としては異例の営業職を希望しました。
しかしここで家づくりの厳しさを実感することになりました。「お客様からはいろいろ突っ込まれるし命がけの心が伝わってきました。家は一生に一度の買い物なんだ」と実感して初めて父がしてきたことに気づきました。仕事一筋で後姿しか見せてくれなかった父の向こうには常にお客様がいたのです。

子供時代には運動会や父兄参観に来てくれた事もなかったし一緒にキャッチボールをした記憶もありませんが家に住む人の笑顔をみるために必死の家づくりをしていたのだと実感しました。

家業に入ったのは32歳の時。少し遠回りをしたけれど最終的に選んだのは伝説の棟梁を継ぐこと。幼い頃からずっと見てきた木に対するこだわりとその技術。一度は違う道を歩もうとし、それでも心の奥底に居座り続けた父の後ろ姿。今度はその後ろ姿を追いかけました。

思い起こせば建築家を志して家を出た私に何も言いませんでした。「だまっとるけどな、お前が建築に進むことを喜んどんやで」とこっそりと教えてくれた祖母の優しい言葉。家業に入った私を「よろしく頼む」と社員に紹介しながら肩におかれた棟梁の手がとっても温かかったこと...。それが家族が健康に幸せに暮すための家づくりの提案へと繋がったのです。

父がこれまで作り上げてきた仕事の履歴は想像以上に大きいものでした。「財田町、山本町のやつおの家は全て(1000棟)彼が建てた」とまで言われた<伝説の棟梁>です。「いい仕事をする」「任せておけば間違いない」という評判は0からはじめるのとは大違いでとてもありがたいことでした。

しかし反面ではお客さんも世代交代していくし「このまま待っているだけではいつか先細りしてしまう」という想いもあり「何か新しい試みをしなければ...」と思うようになったわけです。

そして当時ではまだ珍しかった完成見学会を企画したのです。それまでやったこともないわけですから集客の方法もよくわからない、手作りのチラシを周辺にポスティングしてわくわくしながら当日を迎えました。

ところが見学会には誰一人として来ませんでした。苦労が水の泡...。よく考えたら周りは田んぼだらけ。確か、おばさんが田植えをされていたのをよく覚えています。「そりゃ、こんわな...。」

こうした経験を元にした第二回目の見学会では40~50組の方が来場、大盛況の会となり「すぐにプランをお願いしたい」という方も5~6組おられたでしょうか。その後、順調に見学会へ集まって頂けるお客様や紹介も増え続け、お陰様で今では多くの宣伝をしているわけではないのですが直接、会社に来られて「家をお願いしたいんだけど」という方も多くおられるようになったのです。本当にありがたいことです。

これまで手がけてきた家は中・西讃地区で1441棟(父が1000棟、私が441棟)です。これも父の技術と心を受け継ぎ素材にこだわりコツコツ積み重ねたことをご評価頂いた結果だと考えています。「住宅界のアカデミー賞」と言われるトータルハウジング大賞を2002年、2003年と連続受賞(02年奨励賞、03年特別賞)、そして2011年にもリフォーム部門で中四国最優秀賞という評価も受けることができました。

私たちは家は「建てる」だけで終わってはいけないと思っているんです。家は手段であって建てることで家族が幸せにならないといけないと考えています。

そのために徹底したお施主様へのヒアリングに基づいた間取りプラン、堅牢な構造、健康に配慮した素材、快適で省エネルギーな温熱環境、使いやすく飽きの来ないデザイン...どれがかけても実現しません。

健康で楽しい幸せなご家族を増やすため「棟梁の技」を磨きながらこれからも地域社会へ貢献する使命を果たしていきたいと考えています。