ページトップへ

お客様の声

  • 地域別
  • すべて

子供のころに見た“すごい家だなぁ”というのが忘れられず、大河内工務店に依頼しました。

三豊市豊中町 山内様

2011年夏に入居された三豊市豊中町の山内様。以前は一戸建ては全くお考えではなかったそうです。 出張も多いお仕事柄とのことですが、お子様の成長にあわせて考え方が少しずつ変わったいかれた のです。

なぜ、一戸建てを検討することになったのか、また新しい家に求めたものは何か、詳しく 伺いました。

 

家づくりのきっかけをお聞かせください。

奥様:実は結婚してからずっと主人が"家は建てない。アパート暮らしでいい"って言っていましたので全く考えていませんでした。

ご主人様:でもやっぱり子供がだんだん大きくなって来たので中古住宅でもいいから一戸建てで育てたいと考えるようになりました。

お子さんが成長されるに従って考え方が少しずつ変化されたわけですね。

ご主人様:アパートだと子供が家の中を走ったりすると隣近所にも音が伝わりますよね。

元気であればあるほど(笑)周囲に迷惑がかかるのもいけないし、子供に静かにしなさいというのも言いたくなかったんですね。

自分の小さい頃も一戸建てで庭のあるところで自由にやってたなあと考えたのです。

 

それからはどのように家探しをされたのですか。

奥様:中古住宅を見たのですが、私たちの家族構成や生活スタイルに合う家が見つからなかったので父に相談したところ、"ここの土地なら"ということで新築を考えるようになりました。

大河内工務店とはどのようなきっかけで出会ったのですか。

奥様:母の叔母さんの家が大河内さんが建てた家なのです。土地が決まって建築会社を探す段階になった時に"そういえば、子供の頃に見たあの家はすごかったなあ"と思い出して母に聞いてみたのです。

子供心に何か感じたんでしょうね。

それで"建ててもらうなら大河内さん"と決めていました。

大河内工務店の第一印象はいかがでしたか。

奥様:事務所が私の想像とは違いました(笑)いわゆる"工務店の事務所"をイメージしていったのですが、明るくて開放的な雰囲気が新鮮でしたね。

それと要望などを聞いて頂いたのが山田さんだったのですが、話しやすくて相談しやすいイメージがありました。

私たちは家づくりのことについて研究していたわけではなかったので不安だったんですね。

でも否定される感じがなくて受け入れられているという雰囲気を感じました。

 

 

どうして大河内工務店を選ばれたのですか。

奥様:大工さんに建てて欲しかったのです。大手ハウスメーカーさんは就職の時に面接に行ったのですが冷たいイメージがあって・・・・。 ご主人様:お客さんと就職希望の場合は違うでしょ?(笑)

奥様:就職の時のイメージもありますが、やっぱり地元で一生懸命やっている人にお願いしたいと思いました。

それとやはり子供の頃にみた"すごい家だなあ"という印象ですね。

どんな家にしたいというご要望があったのでしょうか。

奥様:あまりたくさんはありませんでしたね。

部屋数のこととあとは、応接間兼私の"寛ぎの部屋"ですね。

 

 

 

寛ぎの部屋ですか。

奥様:いつか、サロンのようなことができたらと思っているのです。

主人の仕事の関係でタイに住んでいたことがあるのですが、タイには気軽に行けるマッサージ店がたくさんあるんです。

しかも安くて日本で言うとコンビニ感覚でちょっと疲れた時や気分転換に訪れる感じです。私が気に入っているのは"ルーシーダットン"というタイ式のマッサージですが、部屋のインテリア、小物もアジアンで統一してみました。

これから少しずつ、家具や雑貨を増やしていくつもりですが今は私の"気晴らしの部屋"となっていますね(笑)

 

最初からイメージがあったのですか。

奥様:色は白とダークブラウンと決めていたのですが、イメージは漠然としていました。インテリアコーディネーターさんが内装からカーテン、小物に至るまで一緒に考えてくれましたのでだんだんとイメージが湧いてきた感じです。

カーテンも内側にレースをはる珍しいタイプのものを使いましたが、探してきてくれたお店で一緒に選びました。最後はインテリアコーディネーターさんの方がこだわっていたかも知れません(笑)

建築中に印象に残っていることはありますか。

奥様:棟梁の方が、都度、状況を説明して選ばせてくれました。

例えば、"ここは予定には入っていないけどこうやれば、収納を取ることもできるよ"というように。

棟梁さんというと頑固そうなイメージがありましたが、とても話しやすい方でしたね。

入居されてみて住み心地はいかがですか。

奥様:特に2階の寝室が気にっていますね。

化粧台の横に洗面所を作ってもらったのですが、構造的に難しいかも知れないと聞いて強くお願いしていいかどうか戸惑ったのですが、山田さんが"いいですよ"と言って頂き実現することができました。

ご主人様:私は海外の出張も多いので家に長く居る奥さんが気に入っているのが一番ですね。

家づくりもほとんど妻に任せて私は予算の事だけですから(笑)

 

 

 

家づくりのパートナーとして大河内工務店はどんな存在でしたか。

奥様:私が気づくより早く気づいて言ってくれたので安心でした。

一番、印象に残っているのは、何度も「要望を言って下さいね。」 と言われたことです。

お陰で考えを整理することができましたし、実際に住んでから使い勝手のよい家になったと思います。