ページトップへ

お客様の声

  • 地域別
  • すべて

「家はリセットできる場所」なんですよね。

三豊市豊中町 原田様

 

新築と同時にご主人様が独立され、事務所の建築も行うという人生の大切な節目を一度に経験された原田様。そんな多忙な中、長年の住まいに関する不満を全て解消し、家で過ごす「まったり時間が最高」と言える大満足の家づくりを実現されています。

そんな多忙な中、長年の住まいに関する不満を全て解消し、家で過ごす「まったり時間が最高」と言える大満足の家づくりを実現されています。

その過程を詳しく伺いました。(取材・文 WISHパートナーズ赤木浩二)

  

家づくりのきっかけを教えてください。

奥様:以前は主人の実家に住んでいたのですが、古くなり将来のことを考えるとバリアフリーなどのリフォームの必要性を感じ始めていました。そんな時に道路の拡張のことがあったのでまずは実家をリフォームしてその後に隣接して新築を建てようということになりました。 

建築会社選びはどのようにされたのですか。

 奥様:チラシや広告で気になるところの見学会に参加しました。その中に大河内さんのチラシもあって、観音寺で開催された見学会を見に行ったのが、最初の出会いです。 

見学会に参加されてどのようなイメージをもたれましたか。

奥様:木の香りがしてあたたかい感じ・・・・でしょうか。それと大河内さんの家は空気が違いました。

きれいな感じが肌でわかりました。

 

 

他の建築会社の印象で覚えていることはありますか。

奥様:私、匂いに敏感なんです。よく言われる"新築の匂い"というのがダメなんです。全てではありませんが、家に入っただけで感じてしまう建築会社もありました。あと他の会社さんは"熱心"に勧誘してくれますね。見学会に参加したらすぐに自宅にやってくるし、電話も多かったです。

大河内工務店はどうでしたか。

奥様:何もなかったですね(笑)本当に売る気があるんだろうか?というぐらい。

でも他の建築会社の営業攻勢が面倒くさい感じがしましたね。

担当の香川さんは言いやすいのでいろいろと要望を言ったり、質問もしやすかったです。

建築会社を決めるにあたっては、どんな基準があったのですか。

ご主人様:「地元の工務店」「建築全般ではなく家を専門にやっている」「分譲住宅が中心ではない」という3つの基準がありました。無垢材の木をたくさん使った家にしたかったので「地元の工務店」が良かったのです。

2つ目の「家専門」というのは建築といっても公共工事や土木もやっていて新築も手がけているという会社はなんとなくパワーのかけ方が違うのではないと感じました。

そして3つ目の「分譲住宅中心」にされている会社は家づくりが好きと言うことよりも「商売が優先」という気がするのです。 

どうやって決めたのですか。

奥様:実はもう1社、最後まで迷った地元の工務店があったのです。木に対する思い入れもあって地元を大切にしている姿勢がよく伝わってきました。

ご主人様:その工務店さんに正直に言ったんです。「大河内さんとどちらにしようか迷っている・・・」すると先方の社長さんが「本当はうちで建てて欲しいのはありますが、大河内さんなら間違いないですよ。いい家を建てますよ。」と話してくれたのです。少し驚きました。

実は他にも知人数人に「大河内工務店って知ってる?どんな評判?」聞いたのですが、「高いけどいい家建てるよね。」や「その家族にあった家をつくる工務店」など悪く言う人が一人もいなかったのです。それでお願いしたいなと思いました。

大河内さんは「自分ではあまり言わないけど周囲の人はいいと言う。」他の建築会社さんは「自分ではいいところをしっかりアピールするけど周囲の人はあまりいいとは言わない」この差でしょうか。

ご主人様:どの家をみてもそれぞれ違うので私たちの家はどんな家になるんだろう?というワクワク感がありましたね。大手ハウスメーカーの家は大体企画が決まっているからどんな家になるのか想像がつくんです。様:実はもう1社、最後まで迷った地元の工務店があったのです。木に対する思い入れもあって地元を大切にしている姿勢がよく伝わってきました。

大河内工務店に依頼するにあたって、不安なことはありませんでしたか。

奥様:正直言って担当の方があまりPRしないので"本当に大丈夫だろうか"ということは感じました。でも聞いたことはきちんと答えてくれるし、みんなでやってくれるからいいだろうと思いました。大河内さんは、皆さん若い人が頑張っているんです。だから応援してあげたいという親心?みたいな気になりました。

当初、どんな家が建てたいかというプランがあったのですか。

奥様:「部屋は仕切らず、広々とした空間を中心に」「犬が走り回っても大丈夫」「いつも家族の気配を感じられる」「対面キッチンにしたい」「なるべく家具をおかない」というぐらいです。

あとは中庭は欲しかったですね。犬が外で走り回っているのを眺めれるような中庭です。

ご主人様:私はほとんど懲りはなかったんです。妻任せで(笑)ただ、外観はスタイリッシュなものが良かったですね。

大河内さんに要望を伝えてあがってきたプランは、いかがでしたか。

奥様:この大きさですべてのことが実現できるんだなあって思いました。

特に2階がぐるっと廊下で一周できるアイデアは私たちにはなかったですね。

一見、不便そうな感じですが、遊びがあって面白いですね。 

 

具体的には、どんな工夫をされたのですか。

奥様:まずは「収納」です。

家具をできるだけおきたくなかったので収納は多くしました。

玄関収納、リビング収納、寝室収納、ウォーキングクローゼットは絶対欲しかったので始めからお願いしました。

 

ゲストルームもですか。

奥様:大河内さんの見学会に行った時に玄関横にゲストルームがあるお家があったんです。

ちょっとした来客とか、将来子供の家庭教師の先生が来られた時に使えるようにしました。

 

 

どうやって家づくりでやりたいことを、実現されていったのですか。

奥  様:これまで以前の家に住んでいた頃からずっと思っていた「住まいに関する不満リスト」を書いたのです。ちょうど大河内さんに家づくりの不満や要望を整理するシートがあったので思いを全て込めました。その時、"やりたいことをきちんと詳細まで汲み取ってくれるんだ"と感じました。

 建築中に印象に残っていることはありますか。

奥様:家づくりの最初から最後まで楽しかったですね。まず、団結式はびっくりしました。こんなにたくさんの職人さんや業者さんが来られるんだって。でもみんなで私たちの家を建ててくれるんだと思うと嬉しかったですね。

ご主人様:あとは餅投げ。200人くらいの方が集まって頂いて本当に盛大でした。近所の方ともたくさんご挨拶できたのでその後の工事もやりやすかったように思いますね。何しろ、私たちが楽しかった。

入居されてみて、気に入っているところはどこですか。

奥様:家事が終わりソファーに座って窓からみえる空や月を眺めるまったりとした時間がいいですね。

ちょうどいい角度で見えるんです。

それと娘も以前は、一人では寝れなかった子なのですが、今は二階にあがって一人で休むようになりました。

娘はそれよりも"階段"がある家に憧れていたようなので"階段"が気に入っているようです。

ご主人様:僕はデッキに寝転がってビールを飲みながら庭を犬が走り回っているのをみるのが好きです。

まさに"至福の時間"です。仕事をしていても帰るのが楽しみなくらいです。あと、よく寝れます。熟睡度が違うんじゃないかなあと思います。できたものに住まわせられている感じがしないです。

私は家に昔からこだわりを持っていなかったんです。でも今回、"家はリセットできる場所なんだ"という事を初めて知りました。特に毎日が忙しいから家で心も体も癒してまた頑張るといった感じです。家族の中では"いい家だなあ"というのが合言葉になっていますね(笑)

他に家づくりのエピソードはありますか。

ご主人様:実は家づくりとほとんど同時並行でサラリーマンを辞めて独立したのです。開業準備と新築、そして事務所の建築と全部一緒にやりましたので大変でした。事務所の方も大河内さんにお願いしましたので、私たちにとって、とても重要な節目にお付き合い頂いたことになりますね。お陰でいい家ができたのでリラックスできて仕事も頑張れます。

大河内工務店に何か要望はありますか。

■大河内工務店に何か要望はありますか。

奥様:これからも何かあったら相談させてください。イベントも参加できそうなものは行きますので、是非、声をかけてくださいね。