スタッフブログ

珪藻土の調湿性能

木浦 亮太 自己紹介へ

皆さんこんにちは。

梅雨に入り2週間ほど経ちました。

じめじめ蒸し暑い日が続きますね。

梅雨のじめじめした蒸し暑さが苦手の方も多いのではないでしょうか?

暑さを感じるのは気温だけでなく、湿度が大きく関係してます。

人が快適に感じる湿度は夏であれば気温26度前後で湿度50%~60%まで。

冬であれば気温19度前後で50%~60%。

つまり夏と冬とでは快適に感じる気温は多少違いますが湿度を常に50%を目安にしておくとよいそうです。

そんな湿度を調整をしてくれる住宅建材が「珪藻土」です。

珪藻土は吸放湿性能に優れ、条件が整えば加湿器の30%~47%、除湿器の57%~90%の能力を発揮するそうです。

珪藻土の調湿性能は湿度70%以上になると吸湿し、40%以下になると放湿するといわれております。

加湿器や除湿器とは違い「どんな環境下でも能力を発揮する」というわけではありませんが、珪藻土を塗って条件が整えば「除湿器に匹敵する能力を発揮する」ということになります。

人が快適と感じる湿度の範囲で自動的に調整してくれると考えれば、加湿器や除湿器といった機械的な手段に加えてご検討されてみてはいかがでしょうか?

大河内工務店の住宅展示場にも珪藻土を使用してます。

住宅展示場がオープンすれば体感できますので、ご興味のある方はご来場お待ちしております。

珪藻土を使ったリビング

(珪藻土を使ったリビング施工事例)

 

 木浦亮太

 

 


SNSでも家づくりのご紹介をしています★

Facebookフォロー・いいねをお待ちしております(^_-)-☆

  →大河内工務店 Facebook

インスタグラムのフォロワー5,000人を目指して更新中♪

  →大河内工務店 Instagram

Twitterのフォロワー500人を目指して更新中‼

  →大河内工務店 Twitter

よろしければチャットでご質問・お問い合わせください。

LINE紹介バナー

 

わが家ギャラリー木きん堂のインスタでは、ギャラリーのご案内もしています↓

  →わが家ギャラリー木きん堂 Instagram

 

記事一覧

1ページ (全38ページ中)

ページトップへ