スタッフブログ

長谷川 賢二 自己紹介へ

おうち時間を利用して

みなさんこんにちは!

年末年始はどの様に過ごしましたか?

コロナ過ということもあり私はゆっくりおうち時間を満喫しました。

時間を利用して去年買ったままになった小説を読みました。

芥川賞作家である津村記久子さんの「つまらない住宅地のすべての家」という作品です。

お昼の情報番組で特集されており興味を惹かれ購入しました。

内容は刑務所からの脱獄犯を警戒する為、住民で協力して見張りをすることになります。

見張りをきっかけに住民同士が関りを持つようになり、それぞれが抱える家庭の問題が動き出します。

現代はSNSを通じて世界中のたくさんの人々と関りを持っていますが、自治会へ加入する人がいないなど近所の人と直接関わることは昔と比べてかなり少なくなっています。

近くの見える人ではなく遠くの見えない人とのコミュニティーへ社会が変わっていく中で、改めて人同士の直接の関係は大切だと感じました。

 

長谷川賢二

記事一覧|2022年1月

ページトップへ