住宅ローンを組みたいのですが、どうしたらいいですか?

住宅ローンは、人生最大の買い物だという人がいます。

ですが、支払う金利を考えると、家そのものより「住宅ローン(総返済額)」の方が大きな出費になります。

どんなローンを組むにしても、月々の支払い額をオーバー気味にしたり、後々のメンテナンス費用やお子さんの学費まで余裕のない返済計画をたててしまうようでは、「家を建てること」=「苦しい生活」になり、本来の目的とはかけ離れてしまいます。

支払い額に対する負担は、収入に対して20%~25%以下にするべきでしょう。

現在では低金利があたり前になっていますが、数年前は今よりも2~3%も高い金利でした。

安定型のローンを組むには、長期固定ローンをお勧めしております。

変動型だと、5年後、10年後…もしも金利が上がって(ほとんどの場合上昇します)、返済額が毎月数万円上がったとしたら…お子さんが進学してこれから出費が増えるという時期ではないでしょうか。

実は、このタイミングで泣く泣く家を手放すケースがよくあるのです。

そのようにならないためにも、住宅ローンのアドバイスは、経験豊かなスタッフ、もしくは公平に金融商品をおすすめしてくれる人にお願いする必要があります(銀行員は銀行側に有利な商品を勧めます。弊社のスタッフは、お客様のためになる商品をお勧めしております。)

住宅ローンで何百万円もの損得が生じてしまう事もあります。

是非、安心して弊社スタッフにご相談ください。 

 

また、家づくりの無料相談も行っていますので、弊社に電話連絡いただくか、無料相談申込フォームから必要事項をご記入の上、お申し込みください(改めてご連絡いたします)

TEL:0120-63-4920

無料家づくり相談のお申込み

 

↓もっと詳しく知りたい方には↓

資料請求紹介画像

大河内スタイル|家づくりQ&A

ページトップへ