木造住宅は30年で住めなくなるって、本当ですか?

普通に住んでいれば、汚れたり傷んだりします。住んでいなくとも、湿気等により建物は傷んできます。

現在、木造住宅の耐久年数は平均約30年と言われています。

現代の建築ではコストを抑えるために「化学接着剤」を多く使います。

これらに含まれる化学薬品は、約30年で劣化します。

それに伴い、家中の様々な箇所で不具合が出てくるのです。

中にはメンテナンスだけで総額2000万円を超えることも。それだけ払うのなら建て替えようというのが現在の考え方です。現代の家で50年、60年住むには、有償メンテナンスをしなければなりません。

そのため、約30年で住めなくなると言われています。

しかし、メンテナンス次第では長く住むことができます。

そのためには、以下のメンテナンスが必要です。

  • 雨漏り等は、天井や壁のシミだけでなく野地板や柱までも腐らせてしまうため、定期点検と修繕をきちんと行うことが必要です。
  • 藻やカビによる外壁の変色は、見た目だけでなく建物にも影響します。定期点検と塗料の塗り替え等のメンテナンスを行うことが必要です。
  • 湿気は直接的・間接的に住まいを傷めます。建物が腐らないために、湿気・結露対策として日頃の換気をこまめに行うことが必要です。

これらの日々のお手入れや定期点検を怠ると、建物はそれよりももっと短い寿命(20年など)になってしまいます。

弊社では、60年、100年と住み続けられる住まいづくりも提案しております。

 

家づくりの無料相談も行っていますので、お気軽にご相談ください。

相談ご希望の方は、弊社に電話連絡いただくか、無料相談申込フォームから必要事項をご記入の上、お申し込みください(改めてご連絡いたします)。

TEL:0120-63-4920

無料家づくり相談のお申込み

 

↓もっと詳しく知りたい方には↓

大河内スタイル|家づくりQ&A

ページトップへ