お客様の声

地域別|すべて

大河内さんと出会った後も、2社「工務店」を廻ったんですよ。すると…

三豊市山本町 石田 様

三豊市山本町にお住まいの石田様。新築を建てる5年ぐらい前から検討を始め、実にさまざまな建築会社を比較検討した上で大河内工務店に依頼し入居後、5年経った今もその住み心地に大変満足しているという。では「どんな基準で建築依頼先を決定したのか」また「どのような住み心地なのか」「なぜ、満足できるような家になったのか」などを詳しく伺いました。

いつ頃から家を建てることをお考えになったのですか。

ご主人様:以前は大阪で歯科技工士の仕事をしていたのですが、「いつかは開業」と考えていましたので開業する場所を検討し始めたのが最初です。

「土地をどこにするか」ですね。

奥様:だからある程度、広い敷地が必要だったんです。

それに夜遅くまで作業する事もあるので音がしても気にならない、そしてできれば子育てによい環境ところ...。

そうなるとこの山本町ということになったわけですね。

奥様:そうですね。他にもいくつか候補はあったのですが、ここは私の実家の近くにある両親の持っていた土地で、周囲の状況もよくわかるし、すぐ裏は山で自然たっぷりですからね。

それから建築会社選びが始まるわけですね。どんな活動をされたのですか。

奥様:お決まりの展示場ですね。でも立派過ぎてあまり参考にならないから「実際に建っている家をみよう」という事で見学会にたくさん参加しました。

香川だけでなく大阪にも行きましたね。暇があればちょっといってみようという感じで。

たくさん見る中で「これだ!」という建築会社は見つからなかったのですか。

奥様:大手だと高いし、見てみると、実際に住むことを前提にしていなくて、"無駄が多い"という感じがしました。

ご主人様:なんでしょうね。「高そうにみえてちゃちい。」「明るそうにみえて軽いような」感じの連続ですね。「これ」っちゅうものがなかったです。

もともと「無垢材を使った木の家にしたい」とお考えだったのですか。

奥様:そうですね。

天然の木がいいからログハウスメーカーなんかもみていたんですね。

それで大河内さんの家をみた時に「これや!」と思ったんです。

ログハウスは収納もとれないし、掃除もしにくそうだし、窓も大きく取れないから、やはり厳しいなと。

 

 

 

それはみた瞬間、そう感じたのですか。

奥様:そう。高瀬の石井邸を見学させて頂いた時に、玄関に入った途端に「木に包まれた」感じがして、他とは全く違いましたね。

主人と"ええなあ"って言いながら帰ったのを覚えています

 

 

 

 

 

 

大河内さんの雰囲気はどう感じました?

ご主人様:大手ハウスメーカーは何でも説明してきて、なんかしまいに鬱陶しい感じがしましたね。

大河内さんは聞いた事には答えてくれるけど、押し付けもないし"売り込んでやろう"というのは全くなかったですね。

なさすぎるくらい(笑)

それから他の工務店は研究されたのですか。

奥様:行きましたね。やっぱりハウスメーカーと比較すると工務店の方が細かい要望も聞いてくれるし、間接的にかかる費用が少ないから正味の金額になると思いましたからね。「○○工務店」とついている会社を訪ねました。

いかがでしたか。

奥様:う~ん。微妙でしたね。1社は「大きい柱いいですけど高いんでしょうね。」と言ったら、「坪にしたから数万円あがるくらいですよお。たいした金額ではないですから。はっはっはっ」だったり、社長の自宅に行ったらものすごい悪趣味の成金っぽい家だったりで、とても家づくりをお任せしたいと思える会社には、出会うことができなかったんですよ。

いろんなある工務店の中で大河内工務店は何が違ったのですか。

ご主人様:スタッフの皆さんが楽しそうに仕事していますよね。なんか。今でもそれは変わりませんね

奥様:後で聞いたら、うちのおじいちゃんの家は、大河内さんの先代が建てた家だったみたいなんですよ。そういう意味でも"昔からやっているんだ"とは感じましたね。

そうなんですか。だったら最初から大河内さんに相談するという事はお考えにならなかったのですか。

奥様:「大工さん」のイメージが強すぎてすぐに考え付かなかったんで

特に個人の大工さんの場合、新しい技術や知識に疎かったすると、私たちが思っている要望をうまく叶えることができないですからね。

でも大河内さんは「大工さんの建てる家」というだけではなかったのですね。

奥様:工務店もいろいろあるんだなと感じました。大河内さんはいろんな家をやっているし、センスもいい。

家族経営でやっている工務店や個人の大工さんとは、明らかに違うなという事がわかりました。

建てる時に要望として出されたのはどんな内容なのですか。

奥様:①リビングが明るく光が燦燦と入る②結露が少ない③家族がみんなで過ごせ、部屋毎に閉じこもる事がないような間取り④掃除がしやすい。⑤収納がしやすいという事です。

「こんな何気ない光景が気に入っています」

2階の子供部屋から吹抜けを覗いたところです。気配がわかるんですね。

二階の廊下にあるフリースペース。お子さんの友達もお気に入りのプレイルームといったところです。

リビングから見える天窓。ここから見る月は絶妙なんです。

実際に完成され5年経って"こんなはずじゃなかった"ということはないですか。

 奥様:それが思った以上にないんですよ。無垢材を使っていますから、夏も冬もみんな裸足で気持ちよさそうにしていますし、床の木の色もちょうどいい飴色に変わって来ました。

それになんといっても落ち着きます

ご主人様:賃貸コーポに住んでいる時は、休日はどこかにお出かけと決まっていたんですよ。

それが家ができてからは家の方が居心地がいいから出かけなくなりました。

裏山で遊んでお風呂に入ってリビングで寛ぐ...。わが家では"石田温泉"って言っています。

夏の環境はどうですか。

奥様:夏でも扉をあけっぱなすと1台でほとんどカバーにしますよ。設定温度は27度くらいにしています。よく"吹き抜けにしたら効率が悪い"と聞きますが全くそんなことはないですね。

最後に満足する家を建てるために建築会社を選ぶコツって何でしょうか。

ご主人様:実際のところ、その会社が本当に誠意を込めて建築をやっているかどうかを、素人が見極めることって難しいじゃないですか。

最後は信用するしかないというか。

そうすると「信用できる会社」を選ぶには、「人柄」と「実績」をみるしかないですよね。

いろんな会社をよ~くみていると「見えないところ」が見えてきますよ

石田様お忙しいところありがとうございました。

(取材日時 )2009年11月

(取材記事制作) WISHパートナーズ赤木浩二

 

地域別 - すべて にある

その他のお客様の声

ページトップへ