お客様の声

地域別|すべて

「価値観を決して押し付けてこない、私たちの考えを尊重しながら提案もしてくれる。そのスタンスが私たちと合っていました。」

仲多度郡まんのう町 篠原様

お施主様の篠原様はお子様が小学校にあがる前のタイミングでUターンされました。

どのような建築会社に依頼するか悩まれた末、大河内工務店で建てられました。

家づくりの過程や現在の住み心地などを詳しく伺いました。

 

 

 

 

家づくりを考え始めたきっかけをお聞かせください。

ご主人様:まんのう町出身ですが20歳ぐらいの時からずっと京都や滋賀で暮らしていました。

それで娘が小学校にあがる前までには地元に帰りたいと考えており2015年にUターンしてから新築を検討しました。

奥様:私は結婚してすぐ、"いつかは家を建てたい"と考えるようになりました。

インターネットで、工務店や家を建てた人のブログを見てはノートに書いたりしていましたね。

10年ほど、妄想して楽しんでいました(笑)

 

建築会社探しはどのようにされましたか?

ご主人様:私は大手ハウスメーカーを好まなかったので、地元の工務店を中心に調べました。

奥様:工務店さんの家はどこか暖かみがある気がします。

そして、私は押し付けられるのが嫌なんです。

住宅展示場から帰ったらメーカーの営業の方が家の前で待っているとか、"この工法がいいです!"というこだわりを強く勧められる感じが苦手で・・・。

どのような基準で建築会社を比較したのですか?

ご主人様:「現実味のある家を見れること」です。

モデルハウスは内装も設備も素晴らしいですが、生活感がなく私たちが実際に建てる家とはギャップがあってイメージができません。

住宅会社A社さんはモデルハウスのみで、完成後やすでに生活されている家を見学することができません。

B社さんはオーナーさんのお家を案内してもらいましたが、外観を車内から見ただけで見学はできませんでした。

大河内工務店は頻繁に完成見学会をされていましたので、現実味のある家をたくさん見学することができました。

奥様:「私たちの考えやペースを尊重してくれるかどうか」です。

ある住宅会社のC社さんのモデルハウスを見学した際、夕方に社長さんが突然来られ、「広い敷地ですね。いい家が建ちますよ!」「我が社で是非、見積りだけでも!」とグイグイ来られたので「大河内工務店さんにお願いするので結構です!」とつい言ってしまいました。

すると「大河内さんは高いでしょ!」と言われて嫌な気分になったのを覚えています。

つい、口からでまかせで言ってしまいましたが、何かストンと腑に落ちて、大河内さんがいいなと思いました。

最終的に大河内工務店に決めたのはなぜですか?またそのように感じたエピソードがあればお聞かせください。

ご主人様:実際に住んでいるお家(予定の)を見学できた事ですね。

ある完成見学会に両親と一緒に行った時、大手ハウスメーカーを勧めていた父が大屋根の家をみた途端、「これだ!」と惚れ込んでしまったのです。

奥様:懇切丁寧に説明してくださるのに、一切営業をしてこない。逆に良い印象しか残らないんです。

この工務店さんにお願いしたいなと思いました。

当時、設計の山田さんとプラン作成で何度も打合せしていましたけど、私たちが何回も変更しても嫌な顔一つせず対応してくれました。

そしていつも私たちのペースや考え方を優先してくれましたね。

「要望に合わなかったらウチでなくてもいいわけですから」とも仰ってました。

ご主人様:私は「簡単に値引きの話をしない」という事もいいなと思いました。

もちろん予算内に収まることは大事ですが、価格以外のアピールポイントの有無はとても大事だと考えています。

他のハウスメーカーさんの「値引きしますよ!」や「〇〇さんより安くできます!」の押し付けは何とも言えません・・・

家を建てるにあたってどんな要望がありましたか?またどのように実現されましたか?

ご主人様:趣味でキャンプをするので道具がたくさんありました。

それを収納して、ちょっとした作業もできるスペースが欲しいと考えていました。

それは玄関横に専用スペースを設けて、今持っている道具にあわせて造りつけ収納を作りました。」

  


奥様「私は友人や知人がたくさん集まってくれる家にしたいというのが小さい頃からの憧れだったんです。

だからリビングを広くしてキッチンも人が入りやすくカフェみたいな雰囲気をイメージしました。

ちょうどテーブルに座ると山が広がって眺めがよくとても気持ちがいいです。」

 

他に工夫されたところはどんな点ですか?

奥様:「家事室を中心にキッチン・風呂・脱衣所をまとめて、家事動線を良くしました。

毎日のことなので動きやすくて快適ですね。」

 

「それと、できるだけ廊下を作りたくなかったんです。

リビングを中心に和室やピアノ室をくっつけ、扉を閉めれば個室に、扉を開ければ大空間になるようにしました。」

 

入居されてみてどんなことを感じましたか?

ご主人様「無垢材のフローリングは足ざわりがよく暖かいですね。断熱材の性能と相まって、冬でも寒くないです。

居心地がいいですね。」

奥様「私は木が身近に感じられる家にしたかったので斜めの天井に板張りをリクエストしました。

やっぱり木は落ち着きます。」

「私、実は建てる前は建築雑誌に出るような個性的な家に憧れていたのです。

つい、あれもしたいこれもしたいと夢が広がるんですよね。

設計の山田さんに"こんな風で!"と伝えたのですが、実際に住み始めると使いづらいことを山田さんは分かってらっしゃるので、さりげなくスルーされました(笑)。

でも今は本当によくわかります。普通が一番なんだなと。

建てる前はあれこれ言うんですよね。もちろんこだわりもあるし。

山田さんや石川さんはいつも私たちのペースにあわせてくれるのです。プロとして言うことは言う、アイデアも出すというのが、私たちの価値観とあっていたように感じますね。

大河内工務店と付き合ってみてどのように感じましたか?

ご主人様:「私たちの家づくりは真っ白なキャンバスに自分で絵を描いているような感覚でした。

相手のこだわりの絵を買うようなものではない、だからコーディネーターの石川さんとの打合せが毎回楽しくて、まるで作家になったような気分でしたね。」

奥様:「大河内工務店のスタッフの皆さんは家づくりに対する価値観やスタンスが、共通しているような気がします。

だから私たちも言いたいことは言うし、必要ならばそれを受け入れてくれるムードがあると考えています。」

最後にメッセージをどうぞ

友人が「大河内工務店の家を見せて!」と遊びに来てくれます。

庭もほぼ完成したので色々な楽しみ方をしたいですね。

篠原様お忙しい中ありがとうございました!

(取材日 2018年8月8日)

地域別 - すべて にある

その他のお客様の声

ページトップへ